• ホーム
  • 化膿したニキビへの対処方法は?ダラシンTゲルをぜひ試してみて!

化膿したニキビへの対処方法は?ダラシンTゲルをぜひ試してみて!

2020年05月19日

ニキビがいよいよひどくなり、黄色ニキビや紫色に変色してしまった場合、いくつかの対処法があります。そのひとつはダラシンTゲルという物を使うことで、肌のニキビケアに効果をもたらしてくれるのです。

このダラシンTゲルのそもそもの効果は、ニキビの化膿した部分を改善し、炎症を取り除く効果があります。というのも、ダラシンTゲル自体にニキビのもとになるアクネ菌を退治する効果がありますので、このダラシンTゲルをニキビの化膿した部分に塗ると改善するのです。アクネ菌が作るたんぱく質の合成を阻害して殺菌作用をもたらしてくれます。

使い方は基本的に洗顔後にニキビが化膿してしまった部分に塗る、という方法です。洗顔後にスキンケアを行う時にその部分だけにつけることで、アクネ菌のみに効果をもたらします。

また、この症状は基本的に改善するまで継続して行う必要がありますので、出来るだけ使い続けるようにしましょう。基本的にニキビが改善しないうちからやめてしまわないように注意が必要です。また、副作用としてかゆみや赤み、刺激などがある場合もあります。こちらはある程度は仕方ない側面もありますが、医師や薬剤師などに相談してみるのがいいでしょう。

気をつけたい事としては、これは顔全体に塗るのではなく、その部分にだけ使うことです。ニキビが出来てしまった部分以外は健康な肌ですので、当然アクネ菌を殺しすぎると今度は別の肌荒れなどが起きてしまう可能性があります。基本的に膿んでいるにきびや黄色くなってしまったところにだけつけて、化膿を改善させる効果を期待してください。

ちなみに、重症化してしまった場合は内服薬を使う場合があります。例えば抗生物質を飲むことで肌の雑菌を殺してくれるお薬だったり、そうではなくてもビタミン類の処方がある事も少なくありません。もしかしたらそういった薬を一緒に使うことで改善されるケースもあるかもしれませんので、サプリメントを併用したりすることも試してみるといいでしょう。ちなみにダラシンTゲルそのものは飲む薬ではなく塗る薬なので、飲むのは禁止です。もし使ってみてもなかなか治らないようならば、ビタミンCのサプリメントを試してみてください。

化膿した部分はなかなか治らず、痛みやかゆみを伴う場合も少なくありません。このためどうしても気になって触ってしまうかもしれませんが、出来るだけ触らないようにしてダラシンTゲルなどの専門のケアでしっかり治すようにしましょう。